A BOX


ひとつひとつ違う木の表情を味わう収納箱。


とてもシンプルで、どこにでもあるような箱。そんなイメージから「A BOX」と名づけました。

将来的には日本全国各産地の木を用い、その地域の工場で製造し販売されるものとして広がっていけたらと考えています。小さなコミュニティを対象に、木を育て加工し製品にして販売するまで一貫して顔の見えるサービスを行う東京チェンソーズと、東京都の木で「A BOX」を作りました。素材は、スギ・サワラ・ヒノキ・モミです。

東京都の多摩地域西部にある檜原村。そこで育った木を伐採し、村内の製材所に運び、板にします。その後、天然乾燥させ、隣の市にある箱物の特注家具製作を得意とする小野木工製作所に材料を運び込み、ボックスに加工します。深さが三段階あるので用途に合わせて選べ、積み重ねても使いやすいよう箱の底面には裏桟がついています。また、天然木の節あり材をそのまま使用しているので、一つ一つ多様な表情を持つ木の個性をお楽しみいただけます。素材の生産だけでなく販売も行う東京チェンソーズは「自分たちで育てて、作って、伝えて売る。」ことへのチャレンジと言います。




text. 神 梓