奥能登・建具職人がつくる「ROKU行燈」


ROKU GIN uses six botanicals unique to Japan and pursues the perfect balance of flavors with delicate craftsmanship.Andon (Japanese lanterns) are used to convey this world view.

Limited edition of only 20 pieces.


日本ならではの六種のボタニカルを使用し、繊細な職人技で完璧な香味バランスを追求した

ROKU GIN。 その世界観をつたえるための行燈。20個のみのリミテッド・エディション。


Points that have been brushed up since the initial production in April of 2021.


・By using LED lights with dry cell batteries, you can easily place them anywhere.

・The brightness can be changed in two levels, and when the light is low, it can be used    every night for about six months without changing the batteries.

・By applying the graphic sheet from the back, the durability against scratches is increased.



2021年4月の初回生産時よりブラッシュアップした点


・乾電池によるLEDライトを使用する事により、気軽にどこにでも置ける

・明るさを2段階に変えられ、弱い灯りの場合は、毎夜使っても半年程度は電池を変えずに使える

・グラフィックシートを裏から貼る事により、傷への耐久性をUP


Cherry blossom, cherry leaf, sencha, gyokuro, sansho, yuzu / 6 botanicals

桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子/6種のボタニカル


The design motif is an andon (a Japanese lantern) that Toshiaki Akasaka, a joiner in Okunoto, used to make in his hometown.


デザインモチーフは、奥能登の建具(たてぐ)職人・赤坂敏昭さんが地元で作っていた行燈。

photo.Yutaka Imai



In the past, the skills of the fusuma (sliding door) and shoji (sliding screen) craftsmen were indispensable to Japanese architecture.

However, with the westernization of architecture, their work has completely decreased.

He was making paper lanterns to somehow pass on the skills that remain in the community to children.


かつて日本の建築には「障子や襖をつくる建具(たてぐ)職人の技」は、必要不可欠だった。

しかし建築の洋風化に伴い彼らの仕事は、すっかり減ってしまった。

彼は、地域に残るその技をなんとか子供達に伝えたいと行灯を作っていた。


photo.Yutaka Imai


The material is "Noto Hiba".

Finished with unpainted bare metal, it has a deep and cool scent with a hint of freshness.


素材は、「能登ヒバ」

無塗装の素地で仕上げているため、深みがあって清涼感のある香りをほのかに感じる。


photo.Yutaka Imai


photo.Yutaka Imai



photo.Yutaka Imai


photo.Yutaka Imai


photo.Yutaka Imai


I wonder what kind of places it will be used in 2022.

2022年は、どんな場で使われていくのだろう。



Limited Edition / December 2021 / 20 units produced

Art direction: Hiroyuki Koakutsu and Yujiro Shiihara, Landmark

Andon design and production management: Azusa Jin, SOLO

Produced by Toshiaki Akasaka

Photo: Yutaka Imai,Suzutama CF


リミテッド・エディション/ 2021年12月・生産数20個

アートディレクション:ランドマーク 小圷 弘之・椎原裕次郎

行燈デザイン・製作管理:SOLO 神 梓

製作:赤坂建具工芸 赤坂敏昭

撮影:Suzutama CF 今井豊



text. Azusa Jin