Kindai University, Cardboard bench/近畿大学・ダンボールのベンチ


The bench was delivered to the entrance hall of the Faculty of Informatics, which opened in April 2022 as a new faculty of Kindai University.

The bench was jointly developed by Matsuda Paper Industries, a local favorite that has been making cardboard products for 64 years, and SOLO Co.,Ltd.


2022年4月に近畿大学の新たな学部として開設された情報学部のエントランスホールにベンチを納品した。ダンボール製品を作って64年、地元で愛される株式会社マツダ紙工業と有限会社SOLOとの共同開発による。


Reminiscent of the rocks in a Japanese garden, this bench is made of cardboard.


日本庭園の岩を連想させるこのベンチは、ダンボールで出来ている。



Depending on the angle from which you view it, you can enjoy various expressions.


眺める角度によって、いろいろな表情を楽しむことができる。


The key to development is to work with a factory located as close to the university as possible. The product should be strong enough for practical use.


開発のポイントは、できるだけ大学の近くにある工場と連携すること。実用に足る強度を出すこと。



Students and visitors alike may be struck by the fresh impression of seeing the familiar "cardboard" transformed into a piece of furniture.


ふだん見慣れている「ダンボール」が、姿を変えて家具としてある風景に、学生も外から訪れる人も新鮮な印象を受けるのではないか。


I believe that the daily exposure to local techniques and materials will stimulate their ideas as they learn here.

It was with this in mind that we planned and carried out our work.


日常的な地元の技と素材に触れる事は、この場で学ぶ彼らの発想を刺激するのではないか。

そんな事を考えながら企画をし実務を遂行した。


This is a reception counter designed to match the bench. The material is MDF.


こちらはベンチに合わせてデザインした受付カウンター。素材はMDF。





The compact cube-shaped stools are light and easy to carry.

As a result, they are used by moving them to any desired location.


コンパクトなキューブ状のスツールは、軽くて持ち運びが容易。

そのため、思い思いの場所に移動して使われている。




Direction:

Masayuki Takayama, Index Consulting Inc.


Planning, Development and Production Management:

Kazuto Matsuda, Tsutomu Deguchi and Yoshikazu Komizu, Matsuda Paper Industry Co.

SOLO Co.,Ltd. Shinji Okawara and Azusa Jin


Design: Shinji Okawara and Azusa Jin, SOLO Co.,Ltd.


Production:

Matsuda Paper Industry Co.

bufwood Co.

Shimayasu Han Kogei Seisakusho


Photography: Ohtake Yosuke


Text: Azusa Jin




ディレクション:株式会社インデックス コンサルティング 高山正行

企画開発・製作管理:マツダ紙工業株式会社 松田和人・出口拳・小水義一

          有限会社 SOLO 大河原慎史・神 梓

デザイン:有限会社 SOLO 大河原慎史・神 梓

製作:マツダ紙工業株式会社・株式会社バフウッド株式会社島安汎工芸製作所

撮影:大竹央祐

テキスト:神 梓