群馬の魅力を伝えるテーブル


「ミニチュアの汽車を走らせたい」と前橋工科大学で建築史を教える臼井敬太郎さんよりご連絡いただきました。

それならば...と、藤森泰司アトリエがデザインをし、群馬県内にある工場の連携リレーで作っているテーブルOVERRIDEのカスタマイズが良いのでは?とご提案。


天板素材は、産業廃棄物として株式会社ナカダイに集まるパーティクルボード。  


それを株式会社モノファクトリーが丁寧に分別し、使いやすいようにストック。


加工は塗装が得意な木工所、ハルナ工芸。


群馬県内で排出された産業廃棄物を丁寧に磨いて、石のような質感に仕上げたテーブル。

新たな価値をともない、日常にもどす事が出来たように思います。


群馬県内のあちこちで展示に使われています。






text. 神 梓