テーブルの修理/コルビジェのLC6



25年以上愛用したテーブルLC6の天板が痛んでいるので直したいとご相談。



打ち合わせ中のお施主様と中山英之建築設計事務所の中山さん。



新規で製作するか、既存の天板を修理するか。

幾つかの可能性の中から、これからの使い勝手・機能・コストを整理して方針を固める。


どうしたら、このテーブルをより良くできるか。