テーブルの修理/コルビジェのLC6

25年愛用したテーブルの天板が痛んでいるので直したいとご相談。

打ち合わせ中のお施主様と中山英之建築設計事務所の中山さん。


コルビジェが1928年にデザインした名作テーブルLC6をどう直すか。


天板だけを新しく作る?

既存のものをそのまま使う?


廃棄・製作・運搬にかかるコストを整理して、

これからの使い勝手・意匠性を重視して、方針を固める。


表面を研磨して古くなった塗装を剥がす。


天板に塗料を塗る。


メラミンにも塗料を塗る。


貼り合わせて、密着するようにコロコロ。

剥がれてこないように、ドンドン。

メラミンの耳をそろえて。


ていねいに面取り。

手が触れた時に滑らかで、でも面を取りすぎずにシャープなままで。



text. 神 梓