行灯/ジャパニーズクラフトジン ROKU




桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子。日本ならではの六種のボタニカルを使用し、繊細な職人技で完璧な香味バランスを追求したGIN・ROKU


その世界観をつたえるための行灯。


.......どんな風に作ろう....? 

すぐに浮かんだのは、能登半島の先端・石川県珠洲市の建具職人・

のお顔。

以前、赤坂さんがご自分達でつくっていた行灯を拝見していて、

昔ながらの素朴な佇まいがいいなぁ...と。


この行灯をリデザインしたらいけるのでは?



そしたら素材は、やっぱり能登ヒバがいい。

地元の厳しい風土で育った能登ヒバには、繊細で爽やかな芳香がある。


だからROKUの6種類の香りをひっそりと引き立てる7つ目の役目を果たしてくれるのでは....?



アートディレクションは、ランドマークの小圷 弘之さんと椎原裕次郎 さん。


香りまでを想像しながら作る仕事は、なかなか無くて。楽しかったなぁ。




text. 神 梓